コツコツしていく内職

コツコツ

仕事が終わって家に帰る時間が一定ではないため、夜中に帰ることもあれば18時台に帰れることもありました。そんな生活で、何かできる副業はないかと思い調べていると、TVで簡単に家でできる副業というのをやっていました。簡単に言えば、内職というやつです。基本的には主婦とかがしていることが多いそうですが、自分のように仕事の時間の終わりが解らず、時間が不定期な人もやっているということで手を出してみました。

一つ目は、バーコード張りでした。その時は、ある本にバーコードを貼っていく仕事でした。説明には、バーコードがミスしているので、その上から新しいバーコードのシールを貼るという物です。送られてきたのは薄い本とバーコード、そして簡単な説明でした。あとはひたすら張り続けるだけでした。単純作業ではありますが、家でできることまた一人で夢中になれる副業であったので、任された500冊は1日で終わりました。その後、同じ作業をして、のべ5000冊貼っていました。単価が1冊1円だったので5000円となりました。副収入としては少し少ないかなと思いましたら、マイペースで単純作業が出来たので、楽ではありました。

また別の仕事としてあった内職は一つのおもちゃを完成させるという物でした。イメージとしてはプラモデルを組み立てる作業です。送られてきたダンボールの中には組み立てる前のおもちゃとピンセットとカッターが入っていました。後は、説明書が添えられており、どのように組み立てるのかが書かれていました。まさか副業でこどもの頃にやっていた、プラモデルの組み立てをやるとは思ってもいませんでした。

この作業は単純に組み立てて行くことなのですが、やはりカッターなので切っていくので、少し荒くなることもあります。その辺をいかに綺麗に仕上げていくかなので、手元にこの商品が届いた時のこどもの顔などを想像しながらやっていました。ただ、数をこなしていくとかなり雑になることもあったので、休憩をしながらうまくやっていました。これこそ趣味でプラモデルなどをやっている人には向いている副業なのではないかなと思いました。

これらの内職は、地味でありますので、コツコツできることと手先が器用であること、あとは集中して出来ることが重要なことなんだと思いました。

Webサイト製作の在宅ワーク、どんな案件が多いですか?

案件

Webサイト製作の在宅ワークにはどんなお仕事が…?そんな問い合わせが在宅ワークの斡旋会社によくあるそうです。

質問で多いのが必要なスキルです。在宅ワークを斡旋する会社の担当者はこんな回答をします。クライアントの要望に応じたWebデザイン製作のスキル。HTMLやCSS、案件によってはJavascriptを使いこなせるスキル。PHPやMySQLなどのスキル。

しかし、実際の現場では他にも必要なスキルがあります。SEO対策を理解していること。クライアントとのコミュニケーションをしっかりととれること。ビジネスなので当然ですね。あと、もうひとつあります。Webの流行に敏感であること。

なぜ、在宅ワークにWebサイト製作の依頼がくるのか、しばらく考えてみてください。そうすれば、この、もうひとつが重要なことが理解できます。昔からある企業からの依頼が多いです。

Webサイトの歴史をさかのぼってみましょう。最初はHTMLで書かれたテキストが中心でした。インターネット速度が遅かったせいです。未だに大学の研究所などの文献サイトはHTMLのみで製作されているところもあります。

次に、画像を載せることが当たり前になりました。アニメーションGIFを利用したサイトが増えます。それに代わって登場したのがFlashでした。一部どころか、ページ丸ごとFlashで製作された派手なデザインのサイトが一般化します。

その次代に合わせて企業サイトは変化していきました。そして、最近の流行はフラットデザインです。シンプルで、始めての訪問者でも分かりやすいWebサイトが主流になっています。

Webサイト製作の在宅ワークにはどんなお仕事が…最もニーズが高いのは企業サイトのリニューアルです。Webサイト製作を依頼された場合にはどのような案件も引き受けられるように普段からさまざまなサイトを見ておきましょう。

ネットショップのお手伝い

お手伝い

個人でネットショップを開いている友人に頼まれて、副業でそのネットショップを手伝うことになりました。お手伝いと思ってはいたのですが、少ないけど報酬は出すからということで副収入を得ることにもつながるのでやっていました。

そのサイトは、アメリカのおもちゃなどを扱っていて、友人が好きだったおもちゃを最初は売っていました。友人には本業は別であったので、副業として休日にやっていたそうなのですが、人気サイトになって業績が伸び始めたので毎日のように注文が来て土日だけでは追いつかなくなり、副業から本業へ昇格したそうです。

しかし基本的には一人でやっているので、それでも捌ききれなくなって手伝って欲しいと言われました。内容自体は慣れれば簡単で、注文が来てから商品の発注をかけます。そうすると海外から商品が届いて、購入者に連絡して商品の発送の用意をします。在庫のある商品に関しては、小さな倉庫があるのでそこから探して発送をします。

お金のやり取りなども大きなサイトを使っているので、難しいことはなく、入金出金の管理なども、友人がやっていましたが、難しいことはないと言っていました。やり始めて気がついたのは、思いの他、お店や商品に購入者からのレビューが届くことでした。本業ではあまりエンドユーザーと関わることがないので、生の声を聞いたのは初めてでしたが、感謝されたりされたことに感動しました。「丁寧な対応、商品の到着が早くて助かりました!」などのようなことを書かれると、非常に嬉しいものでした。まさか副業からこんな体験が出来るとは思いませんでした。

その一方で、良くないことが書かれることもしばしばありました。中には商品のサイズを間違って送ってしまったために、もう一度海外に発注をかけて、そしてお客さんとやり取りをしてということがありました。その時は電話で厳しいことを言われましたが、副業だからと言って中途半端な仕事はしてはいけなんだなと思いました。

Copyright(c) 2010 家で出来る仕事紹介サイト【prettylittleempire】 All Rights Reserved.